MVNO SIM比較 安いのはどこ?

MVNOはいま20社以上あると言われていますが、格安で主要なSIMは出揃ってきた感がありますね。

 

これからMVNOの格安SIMを考えている方にそれぞれの特徴をお伝えしていきたいと思って比較していますので、参考にしてみてください。

 

価格の安さについてですが各社MVNOではもはや競争になっていて10円単位で安いところを探してもあまり意味が無いと思います。
データ通信量3GBプランが平均で、上限は10GBプランまであるMVNOもありますね。

 

主要MVNOでの3GBプランは次のようになっています。

 

  • NiftyのNifMo  → 900円 音声付きにするとプラス700円
  • IIJmio  → 900円 音声付きにするとプラス700円
  • BIGLOBE  → 900円 音声付きにするとプラス900円
  • DMM  → 850円 音声付きにするとプラス700円
  • Y!mobile → データ+音声のみ 3980円
  • 楽天モバイル → 900円  音声付きにするとプラス700円
  • OCNモバイル → 1100円  音声付きにするとプラス700円

 

※音声通話はいずれも20円/30秒の課金です。Y!mobileだけ10分間は毎度無料です。

 

この他にもUQ mobile、イオンモバイル、マイネオ、などよく聞くMVNOがありますけど比較してもだいたい同じです。

 

ということで価格は本当に格安になっていますので、比較しても大差ないということだけ把握しておくと良い感じでしょうか。

 

で、

 

価格以外の部分でMVNOのSIMを比較していくのがメインになってくると思います。

 

価格以外の部分でMVNOのSIMを比較

 

音声通話をたくさん使う方におすすめなMVNO SIMは?

 

これは間違いなくY!mobileですね。1ヶ月のうち300回までは10分間無料なんです。ということは長電話する人でも10分電話して切ってもう1度かけなおせばずっと無料ですから。Y!mobileは基本料金が高い分、無料通話が付与されているのがメリットなんです。電話をたくさん使う方はY!mobileがいいでしょう。

 

 

高速データ通信をたくさん使う方におすすめなMVNO SIMは?

 

高速データ通信が使い放題のMVNOのSIMがあります。それがu-mobileの「LTE使い放題プラン」と呼ばれるものです。2480円(通話付きだと+500円)。ただし大量動画DLを行うとスピード低下の制限あり。。どれぐらいでこの制限が発動するかわからないのが微妙ですけど。

 

u-mobile以外では、NifMo、IIJMio、BIGLOBE、DMM、楽天が10GBプランを用意。OCNが15GBプランを用意しています。このなかで一番安いのはOCNの1800円ですね。

 

 

データ量を気にせず、公衆無線LANを使いたいかたは

 

けっこうこの要望のひと多いんです。外出中に公衆無線LANを無料で使えるMVNOのSIMで比較してみると、

 

NifMo、BIC SIM、BIGLOBE、Y!mobileのSIMが無料でWi-Fiにつながりますね。OCNもつながりますけど期間限定のようです。

 

 

高速データ通信の速度を気にする方。速度で比較すると現時点では次の4社が比較的おすすめです。

 

NifMo、IIJ、DMM、BIGLOBE。これはネット上のあらゆる口コミを総合的に判断すると、という出し方をしています。MVNOではドコモから回線を借りてるわけですけど、その回線の太さや、会員数によって通信速度が遅くなったりします。なので今後遅くなる可能性はあるんですけど、わりと安定してるのがこれらのMVNOのSIMです。

 

暗号化通信の規約